【男子バレー】 小野寺大志 選手の経歴について!身長201cmのブロックで世界と戦う

スポンサーリンク
選手
この記事は約4分で読めます。

男子バレーワールドカップで活躍したミドルブロッカー、小野寺大志選手について経歴についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

小野寺大志 選手とは

プロフィール

  • 生年月日   1996年2月27日
  • 身長     201cm
  • 体重     84kg
  • 最高到達点  345cm
  • 指高     260cm
  • 血液型    A型
  • ポジション  ミドルブロッカー
  • 出身地    宮城県名取市
  • 出身高校   東北高校(宮城)
  • 出身大学   東海大学
  • 所属チーム  JTサンダーズ

プレースタイル

対人レシーブ【山内昌大・小野寺太志】 | 男子バレーボール日本代表 2019

小野寺選手のポジションはミドルブロッカーで、日本代表として活躍しています。

身長201cm、最高到達点345cmの高さから繰り出されるクイックとブロックで世界と戦っています。

ミドルブロッカーは、相手セッターとの駆け引きがとても重要で、「レフト、センター、ライト、バックアタック」相手がどの攻撃を仕掛けてくるのかを瞬時に判断する必要があります。

小野寺選手は、相手のトス回しを読む判断力が高く、かつ身長が高い分ブロックの完成も早いので、相手のスパイクをブロックで防ぐことができます。

サーブはフローターサーブを使っていますが、サーブでも打点が高いので打ち下ろすようなフローターサーブになります。

打ち下ろすフローターサーブはレシーブしにくく、コースもしっかり狙ってくるので相手にとっては嫌なサーブでしょう。

 

小野寺選手の経歴:バレーを始めたのが以外と遅い

バレーボールを始めたのは中学3年

小野寺選手は、宮城県名取市出身です。昔から身長が大きく小学校6年で170cm、中学校3年で195cmという恵まれた体格でした。

というのも、小野寺選手のお父さんは東北高校、順天堂大のバレーボール部で活躍し、お母さんは日本リーグの富士フィルムで活躍した選手で、まさにバレー界のサラブレッドでした。

この頃はバレーボールではなく野球に没頭していたので、中学校3年の夏までは野球部に所属していました。

しかし、中学校3年で全国都道府県対抗中学バレーボール大会選考会への参加を勧められたことがキッカケでバレーボールに転向。

そのまま選考会を通過して、中学校3年の冬には中学トップの大会に出場し、オリンピック有望選手にも選出されたという驚きのエピソードも持っています。

東北高校で春の高校バレーに出場

中学卒業後は、宮城県の東北高校に進学しました。

東北高校は春の高校バレーに30回も出場するほどの超名門校です。
(2019年12月時点)

本格的にバレーを始めたばかりの小野寺選手でしたが、恵まれた体格と持ち前の器用さでレギュラーを獲得し春の高校バレーに出場。

更に、アジアユース選手権のメンバーにも石川祐希選手と共に選出され銅メダルも獲得しました。

東海大時代には「Team CORE」に選出

東北高校卒業後には、東海大学に進学しました。

東海大学は、全日本の清水邦弘選手などが在籍していた大学で、現在では新井雄大選手も活躍しています。

東海大学でもミドルブロッカーとして活躍し、2020東京オリンピックの強化指定選手であるTeam COREのメンバーにも選ばれました。

東京オリンピックの前哨戦とも言える「ワールドカップ(2019年)」で活躍を見せた小野寺選手は、オリンピックのメンバーの有力候補でしょう。

現在はJTサンダーズで活躍

現在は本拠地を広島に置くJTサンダーズに所属しています。

JTサンダーズはV1リーグに登録されている、日本トップクラスのバレーボールチームです

その中で、冷静かつ素早い判断力を持つ小野寺選手はミドルブロッカーとしてチームで活躍しています。

髪型がお洒落

2019年のワールドカップでは、小野寺選手の髪型に注目が集まりました。

バレー選手では珍しいツイストパーマにして試合に出ていたのが印象的です。

201cmという高身長でお洒落ですので、実際に会って私服姿を見たいファンの方々も多いでしょう。

小野寺選手のお気に入りシューズは?

小野寺選手はアシックスのV-SWIFT FF(ホワイト×ブラック)を主に使用しているようです。

V-SWIFT FFシリーズの最新モデルはこちらの記事で紹介しています。
アシックス V-SWIFT FF (MT) 2 が新発売!特徴や従来モデルと比較!

小野寺選手の東京オリンピック出場に期待

201cmの長身でありながら器用さも併せ持つ小野寺選手は、今の日本男子バレー界にとっては欠かせない存在です。

2020年に開催される東京オリンピックでの活躍に注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました