木村沙織選手の経歴は?現在は何をしているのか

選手
この記事は約3分で読めます。

全日本女子バレーの元エースの木村沙織選手はバレーボーラーであれば誰でも知っているはずです。

今回は木村沙織選手の経歴や凄さ、引退後の現在は何をしているのかを調査しました!

木村沙織選手のプロフィール

  • 生年月日      1986年8月19日
  • 身長        185 cm
  • 最高到達点     304 cm
  • ニックネーム    サオリ
  • 血液型       O型
  • 利き腕       右
  • ポジション     ウイングスパイカー
  • 出身地       埼玉県八潮市
  • 出身中学      成徳学園中学校
  • 出身高校      成徳高等学校(下北沢成徳)
  • 所属チーム     東レ

木村沙織選手の経歴

幼少期、小学生時代

木村沙織選手は埼玉県八潮市出身で小学生時代は秋川JVC(東京・あきる野市)でバレーボールを始めました。

木村選手は攻守万能として有名ですが、レシーブの基礎を築き上げたのは、秋川JVCだと語っています。

日本だと、長身選手は少ないかつセンタープレーヤーになることが多いのでレシーブが苦手なプレーヤーに育ってしまうケースが多いです。

しかし、木村沙織選手は小学校時代はそこまで身長が大きくなかったこと、レシーブを重視するチームに所属していたことで、レシーブが上手い長身選手のになれたのでしょう。

小学校時代のポジションはレフトとして活躍していました。

中学時代

中学校は名門の成徳学園中学校に入学して、バレーボールに打ち込みました。中学時代はセンターやライトとして出場し、全日本中学校バレーボール選手権で優勝や、各都道府県の選抜チームが集まる全国都道府県対抗中学バレーボール大会ではJVA・JOCカップを受賞しました。

高校時代

高校時代は成徳学園高校(現:下北沢成徳高校)に入学しました。下北沢成徳高校といえば、Vリーガーを多く輩出している超名門校です。最近だと、黒後愛選手や石川真祐選手が有名です。

高校時代はオポジットとして出場し、春高バレーや全国私学大会で優勝し、中学、高校共に全国優勝を経験しました。

木村沙織選手は高校時代に全日本に招集されました。全日本のコートデビューはピンチサーバーとでしたが、そこでサービスエースを取っていました。やはり木村選手はエースとしての素質を「持っていた」のでしょう。

その後、スタメンでも出場し国際試合で得点を量産していきました。当時、女子高生ながらチームの得点源として活躍していたことから「スーパー女子高生」としてブレイクしました。

東レ時代

高校卒業後は東レに入社しました。初のVリーグからライトとして出場し活躍しました。その後も東レのリーグ優勝の原動力として活躍しました。

木村沙織選手は高校から全日本の選手として招集されていますので、東レに在籍していた時でも、代表の試合で多く活躍していました。

現在

現在はバレーボール関連のお仕事や、昔からの夢であったカフェを開いたり、様々な分野で活躍しているようです。

最近では、TGCでランウェイを歩くなど、持ち前のスタイルを活かした仕事もしているようです。

バレー以外の様々な才能にもこれから注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました