狩野舞子選手の経歴をまとめてみた

選手
この記事は約2分で読めます。

中学生で全日本代表候補まで選ばれた狩野舞子選手はどのような経歴だったのかをまとめてみました!

プロフィール

生年月日 1988年7月15日
身長 185cm
最高到達点 305cm
血液型 A型
利き腕 右
ポジション ウイングスパイカー、セッター
出身地 東京都三鷹市
中学 八王子実践中学
高校 八王子実践高校
所属チーム 久光製薬スプリングス、ベシクタシュ(トルコ)、PFUブルーキャッツ

狩野舞子選手の経歴

大沢スポーツクラブでバレーボールを始める

狩野選手の家庭は両親、そしてお姉さんもバレーボールをしていたバレーボール一家で育ち、その影響もあって小学4年生で三鷹市の大沢スポーツクラブでバレーボールを始めました。

中学時代から全日本代表候補入り

中学は八王子実践中学に入学しました。

中学校入学時には身長が170cm以上あり、同級生と比べて頭1つ抜き出た体格にも恵まれており、中学生ながら注目を浴びていました。

東京代表としてjocにも出場し、オリンピック有望選手に選ばれました。

高身長かつ運動能力にも優れ、レシーブ力もあった狩野舞子選手は15歳という若さでアテネオリンピック代表候補に選出されました。

高校は八王子実践高校に

高校は八王子実践高校に入学。1年生ながらレギュラーとして
出場し、2年生ではキャプテンとして活躍しました。

しかし、当時から腰痛に悩まされていたので、常に怪我と付き合いながら試合に励んでいました。

高校卒業後は久光製薬スプリングスへ

八王子実践高校卒業後はVリーグの久光製薬スプリングスに入社。

開幕戦からスタメンデビューするなど、かなりの期待を背負いチームに加わりましたが、翌年にはアキレス腱断裂の大きな怪我をしてしまいました。

その後は怪我と付き合いながら、休養や復帰を繰り返しました。

全日本も同様に、復帰や離脱を繰り返していました。

引退後の現在は

ファンに惜しまれながらも2018年に引退をしてしまいましたが、引退後は解説者等で今もバレーに携わるお仕事をしています。

怪我に悩まされ様々な苦労があったと思いますが、引退してからもバレーに携わった仕事をしている姿を見ると本当にバレーボールが好きなんだと思います。

今後もプレーヤーとは別の一面で活躍している姿に注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました