【バレーボール】おすすめネット高度計、スケールの紹介


バレーボールではネットの高さを計る「ネット高度計」があります。
 
 
今回はおすすめのネット高度計を紹介します。
 
 

ネット高度計とは?

ネット高度計とは名前の通り、「ネットの高さを計る」道具です。
 
 
試合会場に行くと、会場の準備中によく見かける道具だと思います。
 
 
ネットの高さは、男女でも年代でも違うので毎日ネットを張る度に確認しないといけません。
 
 
練習でもネットの引っ張り具合で高さが下がる可能性があるので、毎回高さの確認をすることで試合と同じ高さで練習を行うことができます。
 
 
ネットが低いと選手たちの感覚がズレてしまう恐れがあるので注意が必要です。
 
 

こだわりが無ければアナログ式で十分

現在のネット高度計は、アナログ式デジタル式の高度計が販売されています。
 
 
アナログ式は「目盛が高度計に書いてあるだけ」に対して、デジタル高度計は「目盛を数字で表示してくれる」違いがあります。
 
 
製品のスペックだけで言えば、デジタル式高度計の方が最新で良いものだと思います。
 
 
しかし、デジタル式は高価で電池切れの恐れがあるので、よほど拘りがなければアナログ式で十分でしょう。
 
 

年代別ネット高さ一覧

ネットの高さは年代でも男女でも違います。
 
 
ネットの高さは以下の表を参考にして下さい
 
 

男子 女子
一般 2m43cm 2m24cm
高校 2m40cm 2m20cm
中学 2m30cm 2m15cm
小学 2m00cm 2m00cm

 
 

オススメのスケール

アシックス ネット 高さ測定スケール 244000

  • メーカー   アシックス
  • 商品名    ネット測定スケール
  • 品番     244000
  • 素材     アルミニウム
  • サイズ    170cm ~ 305cm
  • 計測範囲   10cm ~ 305cm
  • 重さ     約1.4kg

 
 
バレーシューズでお馴染みのアシックスが出しているスケールです。
 
 
測定範囲が10cm~305cmなので、バスケ、バドミントン、テニス等に対応しています。
 
 

 
 

トーエイライト スポーツ高度計 G-1045

  • メーカー   トーエイライト
  • 商品名    スポーツ高度計
  • 品番     G-1045
  • 素材     アルミ
  • サイズ    外形3.0cm × 全長161cm ~ 305cm
  • 計測範囲   90cm ~ 305cm
  • 重さ     約1.2kg

 
 

 
 

error: