古賀 紗理那選手とは?経歴や凄さについてまとめてみた

スポンサーリンク
選手
この記事は約4分で読めます。

女子バレー界には欠かせない存在となっている、日本代表の古賀紗理那選手。

今回は古賀紗理那選手の経歴についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

  • 名前        古賀 紗理那 選手
  • 生年月日      1996年5月21日
  • 身長        180 cm
  • 最高到達点     305 cm
  • ニックネーム    サリナ
  • 血液型       B型
  • 利き腕       右
  • ポジション     アウトサイドヒッター
  • 出身地       佐賀県神崎郡
  • 出身高校      熊本信愛女学院高校
  • 所属チーム     NEC

古賀選手の名前は、ネット上で時々名前が「紗理奈」と間違えている場合がありますが、「紗理那」が正しいです。

古賀紗理那選手の経歴

小学2年生でバレーボールを始める

古賀選手は佐賀県生まれですが、6歳の時に熊本県に引っ越しました。

 
バレーボールをやっていた母の影響で小学2年生にバレーボールを始め、最初は地元のバレーボール教室に通っていましたが、高いレベルでバレーボールがしたい思いから強豪バレーボールチームに移籍し、小学校5年生、6年生と全日本バレーボール小学生大会に出場しました。

 
その後、熊本県の大津町立大津中学校に進学しました。

 
中学校でもエースとして活躍していて、年に一度開催される「JOC都道府県対抗中学バレー」に出場した際にはJOCカップ、オリンピック有望選手にも選ばれました。

 

熊本信愛女学院高校に進学

中学でオリンピック有望選手にも選ばれた古賀選手は、全国の高校からオファー殺到しましたが、熊本の強豪校「熊本信愛女学院高校」に進学しました。

 
高校では、春高バレーでベスト4進出や、インターハイで準優勝、アジアユースで大会MVPを取るなど輝かしい成績を残していました。

 
そして、2013年には高校生ながら日本代表にも選出され、全日本代表デビューを果たしました。

 

Vリーグ争奪戦の末、NECレッドロケッツに入団

高校性で全日本デビューを果たした古賀選手には、多くのVリーグのチームからオファーがかかりました。

 
日本代表レベルの選手を獲得できる可能性があるので当然といえば当然ですね。

 
NECは神奈川県川崎市に本拠地を置くチームなので、九州出身の古賀選手は行かないと個人的には予想していたのですが、何かの縁がありNECを選択したのでしょう。

 
高校、日本代表と経験を積んだ古賀選手は、NECに入団してからもエースとして活躍しました。2014/15年度のVリーグでは、10年ぶりのリーグ優勝にも大きく貢献しました。

 

憧れの選手は木村沙織選手

古賀選手が目標としている選手は、元女子バレー日本代表の木村沙織選手です。

 
木村選手は、スパイクだけでなく、レシーブもサーブも超一流のオールラウンダーでした。

 
オールラウンダーという面では古賀選手も負けていませんが、木村選手を目標にしていたことから自然と似たようなプレースタイルになっていったのかもしれません。

 

古賀選手の凄さ

古賀選手の凄い所は沢山あるのですが、個人的に一番凄いと思うところはスパイクフォームが変わらないところです。

 
アウトサイドヒッターは、ボールが上がってきて相手ブロッカーの状況判断をしてスパイクをクロスかストレートに打ち分けます。

 
普通だとこの時にクロスやストレートに打つがどうしても出てしまい、相手チームに打つコースを読まれてしまいます。

 
しかし、古賀選手の場合はクロスに打つ時もストレートに打つ時もほとんど変わらないフォームで打ち分けることができます。

 
これによって相手チームはコースを限定することが難しくボールを取れなくなります。

 

古賀選手が履いているシューズは?

古賀選手はMIZUNOのウェーブ ライトニングZ5を使用しているようです。

 
 

今後の古賀選手に期待

古賀選手は、現在も日本代表に選出されアウトサイドヒッターとして活躍しています。

海外の選手に引けを取らない最高到達点(305cm)を活かして今後も点を取り続けていくプレーを是非見ていきたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました