【バレーボール】最新のバレーボールケースのおすすめと選び方、MIKASA、molten

スポンサーリンク
バレー用品
この記事は約4分で読めます。

バレーボールを持ち運ぶためには、バレーボールケースは欠かせません。

しかし、どれを買えばよいのかわかりませんよね。

今回は、バレーボールケースの選び方とオススメケースについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バレーボールケースの選び方

バレーボール用品のブランドを選ぶ

ボールケースは、ブランドを選ばなければ数多くありますが、バレーボール専用であればバレーボールを扱っているメーカーから選ぶのが間違いありません。

代表的なバレーボールメーカーであるMIKASAmoltenにしましょう。

何個入りのボールケースを選べば良いか

ボールケースは1個~6個入りがあり、主に見かけるのは6個用のバレーボールケースでしょう。

しかし、どのボールケースを買えば良いかは管理の仕方で変わります。

 
 
チームでボールを管理する場合
チームでバレーボールを管理する場合、6個入りのケースを買うのベストだと思います。

理由は、チーム用であれば一度に大量のボールを持ち運ばなければならないからです。

1個入りや3個入りの数が少ないボールケースを買ってしまうと、その分荷物が多くなってしまいますので6個入りでまとめて持ち運べるようにしましょう。

仮に、チーム創設時でボールを6個も持っていない場合でも、チームメイトが増えるにつれてボールを購入しなければならない可能性があるので6個入りを買っても良いでしょう。

 
 
家族でボールを管理する場合
バレーボーラーには、一家全員がバレーボーラーなんて方も多いです。

子供の練習のために家族でバレーボールをやる!なんてこともあるでしょう。

家族で管理する場合は、2個~4個のバレーボールケースがおすすめです。

 
 
個人でボールを管理する場合
個人でボールを管理する場合は、1個用のボールケースを買っておくと良いでしょう。

自宅に置くだけであればケースは必要ありませんが、に持っていく場合はケースに入れて持ち運びましょう。

ボールのまま持ち運ぶと、汚れがついてしまったり、万が一ボールを落として他人の車などにぶつけてしまう可能性があるのでオススメしません。

ボールのサイズが違くてもケースは同じ

バレーボールには4号泣と5号球がありますが、ボールケースは4号、5号どちらも入るようになっています。

但し、ソフトバレーボールの場合、通常のバレーボールよりも大きいサイズになっているのでケースを選ぶ際には注意しましょう。

MIKASA バレーボールケースおすすめ

VL6B-BL(6個用)

VL4C-BKY(4個用)

VL2C-BKY(2個用)

VL1C-BKY(1個用)

molten バレーボールケースおすすめ

EV0046(6個用)

EV0043(3個用)

EV0052(2個用)

コメント

タイトルとURLをコピーしました