【大学バレー】第32回全日本ビーチバレー大学選手権 開催要項、組合せ、結果|2020

【大学バレー】第32回全日本ビーチバレー大学選手権 開催要項、組合せ、結果|2020

【大学バレー】第32回全日本ビーチバレー大学選手権 開催要項、組合せ、結果|2020

ビーチバレー大会も多くの大会が開催中止になってしまいましたが、第32回全日本ビーチバレー大学選手権大会は開催されます。
 
 
今回は、開催要項と組合せ、結果についてまとめました。
 
 

第32回全日本ビーチバレー大学選手権 開催要項

日程

2020年9月5日(土):1~3回戦
2020年9月6日(日):準決勝、3位決定戦、決勝
 
 

会場

大蔵海岸公園海水浴場
 

 
 
遠征、観戦等の遠出は楽天トラベルでポイントを溜めるとお得です。
【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル
 
 

参加資格

(1)一般財団法人全日本大学バレーボール連盟に登録されたもの
(2)競技者は同一大学であること
(3)原則として1大学から2チームまで出場可能
(4)ペアの1人が日本国籍を有すること
(5)所属大学(部長、監督)の承認および保護者の同意が必須となる
(6)コロナウイルス対策が義務づけられる。感染防止策チェックリスト当日提出。
 
 

参加数

男子20チーム、女子20チーム
 

  • 北海道:1
  • 東北:1
  • 北信越:1
  • 関東:1
  • 東海:1
  • 関西:1
  • 中国:1
  • 四国:1
  • 九州:1

 

  • 男子-関東:2、関西:2
  • 女子-関東:2、四国:2

 
 

競技規則

2020年度(公財)日本バレーボール協会2人制ビーチバレーボール競技規則による。※監督のベンチ入りは認めるが、「バレーボール指導員」「バレーボール上級指導員」「バレーボールコーチ」「マスターコーチ」のいずれかの資格以上を有する者とする。
 
 

競技方法

試合形式

(1)20チームによるシングルトーナメント
(2)チェンジコートは両チームの得点合計が7の倍数でスイッチする。
 
 

競技に関する設定時間

(1)前の試合終了10分後にプロトコールに入る
(2)チームが正当な理由なしにプロトコール終了までに競技場に現れない場合は、不戦敗を宣告される。その為、会場には余裕をもって到着しておくこと。また、試合の進行状況によってはコートを変更して行う場合もあるので、他のコートの進行状況にも注意しておくこと。
(3)監督の途中参加が予想される際は試合前に審判。学連委員にあらかじめ申し出ること。途中参加はその都度出来る。但し、監督は副審に許可を得てセット間にサインをし、次のセットから監督としての役割ができる。
 
 

公式練習

(1)公式練習は試合開始前に試合が行われるコートで、同チーム合同5分の公式練習が与えられる。
 
 

競技の中断

(1)チームは1セットにつき1回のタイムアウトが認められる
(2)テクニカルタイムアウトは、両チームの得点合計が21点に達した時30秒間のテクニカルタイムアウトが与えられる。
(3)試合中、競技者が負傷した場合、その競技者に1試合に就き1回だけ最大5分以内のタイムアウトが与えられる。もし、負傷した競技者が回復しない場合はチームは不戦敗となる。
 
 

審判

(1)主審1名制で行う。
(2)セルフラインジャッジで行う。
 
 

競技服装

(1)2020年度競技規定による「ユニフォーム」に準拠したものを着用すること
(2)必ずペアで同型同色同メーカーの水着またはタンクトップを着用すること。
(3)男子は裾が膝上10cm以上でタンクトップを着用すること。女子についてはインドアのユニフォームの形式で良いものとする。
(4)競技者番号はユニフォームの胸または背に表記すること。競技者番号が入っていない場合は腕に明記する。
(5)プロトコールのチェックの際に規定を満たしていなければ罰収支愛とする。
(6)試合当日は、砂の温度がっ非常に高くなる恐れがあるので、サンドソックスなどを各自で用意すること
(7)ユニフォーム広告を標記する場合は、事前に連盟をへてJVAの承認をうけなければならなない。
 
 

試合球

(1)本大会は、男子はmikasa「VLS300」、女子はmolten「V5B5000」を使用する。
(2)本大会は2ボールシステムで行う
 
 

created by Rinker
モルテン(molten)
¥5,523 (2020/10/22 22:03:20時点 Amazon調べ-詳細)

 
 

その他

(1)原則として、棄権チームが出る場合は、ブロック予選での上位チームを出場させる。また、棄権ブロックが生じた場合は、東日本4学連(北海道、東北、北信越、関東)は関東学連が、西日本5学連(東海、四国、関西、中国、九州)は関西学連がそれぞれの窓口と調整、補充することとするが、最終的には全日本大学バレーボール連盟が最終調整を行う。
(2)怪我・疾病の場合は、応急て相手は行うが、それ以降の処置は参加大学が責任をもって行うものとする。
(3)オフィシャルポイントが必要な選手はMRSのビーチバレー登録を行うこと。
(4)すべての日程に置いて、会場の清掃活動を行う。参加選手。役員は必ず参加すること。
 
 

女子最終結果

第32回全日本ビーチバレー大学選手権_女子_最終結果
 
 

男子最終結果

第32回全日本ビーチバレー大学選手権_男子_最終結果
 
 

error: