【バレーボール】6人制と9人制の違いとは?

スポンサーリンク
雑学
この記事は約4分で読めます。

バレーボールには6人制と9人制があります。

テレビでは6人制が放送されることが多いですが、実は9人制バレーも同様人気があります。

今回は6人制バレーと9人制バレーの違いについて説明します。

スポンサーリンク

6人制バレーと9人制バレーの違い

6人制と9人制は同じバレーボールですが、細かいルールが違います。

ルールが違うので、それぞれの楽しさ魅力が異なります。

6人制9人制
コート内人数6人9人
コート広さ中学 ~ 一般:18×9m
小学生:16×8m
一般男子:21×10.5m
一般女子・ママさん:18×9m
小学生:16×8m
ネットの高さ【男子】
小学生:2m
中学生:2m30cm
高校生:2m40cm
大学・一般:2m43cm
【女子】
小学生:2m
中学生:2m15cm
高校生:2m20cm
大学・一般:2m24cm
【男子】
小学生:1m90cm
中学生:2m15cm
高校生:2m25cm
大学・一般:2m38cm
【女子】
小学生:1m90cm
中学生:2m
高校生・ママさん:2m5cm
一般:2m15cm
アンテナサイドバンドから外側に20cmサイドバンドの外側の端
勝敗セット数3セットマッチ
5セットマッチ
3セットマッチ
点数1~4セット目:25点
5セット目:15点
21点
ローテーションありなし
サーブ・1回
・サーブ順はセットごとに変更可
・2回
・ネットに触れたらミス
・サーブ順は試合が終わるまで変更不可
ブロック・ブロックは接触1回にカウントしない
・前衛のみブロック可
・ブロック時オーバーネット可
 (向かってくるボール)
・ブロックは接触1回にカウントする
・コート内の誰でもブロック可
・ブロック時オーバーネット不可
ネットプレー・ボールがネットに触れた場合、
同じ選手が触れない
・ボールがネットに触れても、
接触は3回まで
・ボールがネットに触れた場合、
同じ選手がもう一度触れる
・ボールがネットに触れた場合、
4回まで接触できる
ドリブル2人で同時にボールに触れた場合、
接触回数は2回となる
2人で同時にボールに触れた場合、
接触回数は1回となる
センターライン踏み越すとパッシング踏み越しても妨害しなければ
パッシングにならない

6人制バレーの魅力

一人一人の仕事が多い

バレーボールといえば6人制バレーを思い浮かべる人が多いと思います。

メディアで放送されるのも6人制バレーがほとんどです。

6人制バレーはローテーションがあるので各プレイヤーが前衛と後衛を行い、スパイクもすればレシーブもこなします。

つまりオールラウンドにプレーしなければなりません。

さらに、コート内に6人しかいないため、9人制に比べると1人あたりの運動量が多いため疲労が溜まりやすいです。

逆に考えると、一人ひとりスパイクやレシーブ、ブロックが多いのでその分色々楽しめます。

ルールが分かりやすいので観戦が楽しい

6人制バレーはルールがシンプルで観戦も人気です。

バレーボールをあまり知らない人でも見ていてわかりやすく、テンポよくプレーや試合が進むので楽しめるでしょう。

9人制バレーの魅力

ローテーションがないためポジションが固定

9人制バレーの最大の特徴は、ローテーションがないことです。

つまり、ポジションが固定なので一人ひとりの役割がはっきりしています。

スパイカーであればスパイク中心、レシーバーであればレシーブ専門としてメンバーに入ることができます。

6人制のリベロだとサーブを打つことができませんが、9人制のレシーバーはサーブを打つこともできるのも大きな違いです。

9人制は見るよりやるほうが楽しい

9人制バレーは6人制バレーとルールが少し違うので、初めて見る人は分かりずらいかもしれません。

9人制の魅力はブロックを上手く利用したり、ネットプレーを使った6人制には無い駆け引きが非常に魅力です。

ですので、6人制しかやったことないプレーヤーは、9人制バレーをやってみるのも良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました