勉強や仕事でバレーの時間を奪われないための時間節約方法

雑学
この記事は約3分で読めます。

バレーボーラーの皆さんはバレーボールだけで生活できる人は少ないと思います。

学生であれば勉強、社会人であれば仕事など、やらなければならないことはいくらでもあります。

今回の記事ではバレーボールに費やす時間を少しでも増やすためのどうすれば良いのかを記事にしました。

宿題、レポートにバレーの時間を奪われないために

部活でバレーボールに取り組んでいる人は多いはずです。
そうなると、勉学も取り組まなければなりません。

しかし、宿題やレポートが終わらずにバレーの練習に間に合わない!なんてことは避けたいですよね。

そこで、宿題やレポートを効率的に終わらす方法を紹介します

宿題やレポートは家でやるものという考えを捨てる

部活後に、家に帰って宿題をやろうと試みたことかありますができるでしょうか。

正直、疲れてしまってなかなか取り組むのが大変なはずです。

寝る前に宿題をやったとしても、寝る直前に頭を使ったことで寝付きが悪くなり、次の朝練に行くのが苦痛になったりもします。

そのため、まずは「宿題は家でやるもの」考えを捨てましょう。

宿題は学校で終わらすべき

家で宿題をやらないのであればどこでやるか。

それはズバリ学校です。

そんな時間あるか!と思うかもしれませんが意外とあります。

それは休み時間や、授業中です。笑

大学であれば講義がない時間もありますし、自由な時間が取りやすいです。

中学、高校では授業がないことはあまりありませんが、楽な教科は人それぞれ必ずあると思います。

なので、その時間を使って宿題を進めてしまいましょう。笑

遠征でも暇な時間はある

土日が部活で忙しくても、遠征などでバス移動があればその間に済ませましょう。

同学年がいれば一緒に考えることができるメリットがあります。更に先輩がいればわからないことを聞けるので使わない手はありません。笑

コート外でもチーム内で協力することで、無駄な時間を節約するチームプレーを磨きましょう。

仕事を

社会人の方は生活の中心が仕事になるので、学生ほどバレーに時間を当てるのが難しいでしょう。

では社会人はどのようにバレーと向き合えばよいのでしょうか。

職場でもバレー好きを認識してもらう

仕事の時間を短くできれば良いのですが、なかなか難しいと思います。

ですが、職場もチームプレーですので、たまに誰か一人欠けても意外と補えたりするものです。

社会人の場合、毎日バレーの練習があることは少ないと思います。

例えば、毎週月曜、木曜が練習日だとすると「月木はバレーの練習やってます!」というのを職場で公言すると良いでしょう。

そうすれば、職場の上司も「月木は大目に見てやるか」となるかもしれません。
(そのぶん他の曜日は仕事を頑張らないといけませんが)

バレーができなくてもトレーニングなら短時間で可能

社会人になると練習頻度が減るので、バレーの練習不足よりも体力、筋力の衰えの方がパフォーマンス低下に影響することが多いです。

なので、バレーの練習時間があまり取れない場合、思い切ってバレーをやらずにトレーニングに費やした方が良いでしょう。

トレーニングであれば自宅でもできますし、短時間で可能です。

バレーをすると体育館までの移動時間が結構取られるものです。

なので、時間がない場合は思い切ってバレーの練習に行かずに自宅でトレーニングをして体力、筋力を落とさないようにしましょう。

まとめ

今回は勉強や仕事で忙しい人向けに記事を書いてみました。

人生を豊かにするには、バレー意外の時間もとても大事なので、勉強や仕事に費やす時間も取らなければなりませんが、そうは言ってもバレーの時間を削りたくない方の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました