【商品レビュー】irotec ダンベルを使った感想!良い点と悪い点は?


外出自粛に伴い、自宅トレーニング用品の人気が急上昇しています。
 
 
今回は、筆者が使用しているダンベルとトレーニングマットの商品レビューをしたいと思います。
 
 

ダンベルがあればトレーニングの幅は広がる


 
 
自宅トレーニングの定番器具といえば、ダンベルでしょう。
 
 
サイズもコンパクトなので置き場所にも困らない。そして、使用者に合わせて重りを調整することができるので、筋トレ初心者から上級者まで扱うことができます。
 
 
ダンベルを使ったトレーニングは数えきれないくらい多くあります。
 
 
最近では、専門家がyoutubeでトレーニング方法発信しているので、家でも正しいトレーニングを学ぶことができ、今後は更に需要が高まっていくでしょう。
 
 

IROTEC ダンベルレビュー

IROTECは筋トレグッズ メーカー

IROTEC(アイロテック)とは、大阪に所在地を置く「株式会社スーパースポーツカンパニー」のブランドで、主にダンベル、バーベル、ベンチ等のトレーニング器具を扱っています。
 
 
アイロテック製器具を採用しているジムもある人気のメーカーです。
 
 
IROTECの公式ホームページを見ると、2020年5月現在はトレーニング器具が好評過ぎて、現在入荷待ちの品がほとんどになっています。
 
 

アイロテック製ダンベル詳細


 
 
私はAmazonでアイロテックのダンベル(20kg×2)を購入しました。
 
 

  • スクリューダンベルシャフト2.5kg × 2本
  • プレート1.25kg × 4枚
  • プレート2.5kg × 4枚
  • プレート5.0kg × 4枚
  • 1.25kg用ラバーリング × 4個
  • 2.5kg用ラバーリング × 4個
  • 5.0kg用ラバーリング × 4個
  • プレート落下防止留め具 × 4個

 
 
商品到着時には、ラバーリング(赤色のラバー)は装着されていない状態。ラバーリングは購入者で行う必要があるため手間でしたが、1度取り付けてしまえば、取り外すことは無いので一回きり。
 
 

ダンベルには細かい工夫が施されている

プレートが3種類(1.25kg、2.5kg、5.0kg)あるため、自分のトレーニングに合わせた重さに調整できることが一番の特徴でしょう。
 
 
さらに、ラバーもついているので、ダンベルを床置きする時の傷が全く気になりません。
 
 

 
 
留め具はスクリュー構造のシャフトに取り付けるので、留め具が外れてプレートが落ちる心配はありませんでした。
 
 

 
 
シャフトのグリップ部分がローレット加工が施されているため、握りやすいと感じました。
 
 

ローレット加工とは、金属に施す細かい凹凸上の加工のこと。滑り止め効果がある。

 
 

留め具が緩むときがある

ダンベルを使っているときに、時々留め具が緩むことがあります。
 
 
スクリュー構造になっているので、プレートが落ちる位留め具が緩むことはないですが、プレートが少し動いてしまうので気が散ってしまいます。
 
 
重り可変式のダンベルならばしょうがないことかもしれませんが、メニューの合間に留め具の確認は必ずしましょう。
 
 

個人で使うには満足の器具

アイロテックのダンベルのまとめです。
 
 

  • 豊富なプレートで重さを調整
  • ラバーリングで床を傷つけない
  • スクリュー構造のシャフトで留め具が落ちない
  • ローレット加工で握りやすく滑りにくい

 
 

  • 時々留め具が緩んで気が散る(落ちはしない)
  • ラバーリングの取り付けが大変

 
 
アイロテックのダンベルを個人で使うには、非常に満足のトレーニンググッズです。
 
 
現在は人気で売り切れが多く、なかなか手に入らないグッズですが、再入荷後に手に入れて、トレーニングに励んではいかがでしょうか。
 
 

 
 

error: